抜くことは絶対NG

毛を剃るより、もっとダメなのが抜くことです。

剃るよりも悪い抜く処理方法

毛を剃ると、なくなるのは表面の毛なので、皮膚の下にある毛はそのまま、毛根にもダメージはありません。しかし、毛を抜いてしまうと皮膚の下にある毛や、その先にある毛母細胞まで無理やり抜いてしまうことになり、大きな刺激となってしまいます。

毛周期が乱れる原因にもなりますので、毛は抜かないようにしましょう。毛を抜いてしまうと、そこに雑菌が入りこんで炎症ができる原因にもなります。

脱毛期間中に毛を抜くと、ぽつぽつ赤くなったりして、その部分だけ施術が受けられない可能性もあります。

インターネット上には「毛を抜くと、もう生えてこないようになる」「抜くことで、毛母細胞や毛乳頭も一緒に取り除ける」なんて話もありますが、これは嘘です。毛を抜くことで「埋もれ毛」や乾燥肌、たるみ、ニキビ等の問題がでてくることもあるので、毛は抜かないようにしましょう。

トップへ